画広告とは

注目される動画広告

新しいマーケティングツールとして、動画が使用されるケースが増加。オンライン動画広告の市場規模は、年々向上しています。2017年には640億円に達すると言われており、注目が集まっている広告手法です。

国内のインターネット動画広告市場規模予測(2012年-2017年、単位:億円)

参考:「インターネット動画広告市場は急成長、2017年には640億円に」シードプランニング

なぜ動画広告なのか?

動画広告は、ネット広告(リスティング広告やバナー広告)とTVCMの良いとこ取りをしている広告手法。動きを用いることで、リスティング広告やバナー広告と比較し、商品の魅力をわかりやすく伝えることができ、TVCMと異なりターゲットユーザーに絞って広告を訴求することができるため費用対効果が高いといった利点があります。

インターネット動画広告の強み

お客様のターゲットユーザーに絞って動画広告を配信することが可能になるため、訴求効果が非常に高く、無駄な広告宣伝費を極力減らし広告を打つことができます。例えば、20代女性向けのファッション用品を宣伝したければ、「20代・女性・スマートフォン使用」などの条件に合致する人にのみ、動画広告を配信することが可能です。

ターゲティングの例

20代女性に対して、スマートフォンのファッション系の配信面に配信可能です。
30代男性に対して、PC、スマートフォンの車系の配信面に配信可能です。
40代主婦に対して、タブレット、スマートフォンの美容系の配信面に配信可能です。

新しいマーケティング手法

将来インターネット広告の主流になると言われている動画広告は、様々な企業が活用を始めています。インターネット動画広告を早くからご利用頂くことで、ノウハウを蓄積し、競合に差をつけることができます。